HOME>アーカイブ>原付を購入したら必ず自賠責保険に加入しよう

原付に乗る場合には自賠責に加入する必要があります

自賠責保険は強制保険ともいわれていて、原付ごとに加入しなければなりません。もし自賠責保険に加入していないと、法律によって罰せられてしまいます。

自賠責に加入するメリット

無保険車から被害に対しての救済があります

自賠責保険に加入していない無保険車による事故やひき逃げ事故の被害者に対して救済が図られます。

保険金の請求が可能です

事故の被害者は、加害者が加入している保険会社に対して、保険金の請求ができます。

仮渡し金制度があります

交通事故による損害賠償の内容がはっきりする前に、賠償金のいくらかを先渡しする仮渡し金制度が受けられます。

車検を通すために必要です

自賠責保険に加入していない無保険車は、車検を通すことができません。

無保険だと罰せられます

原付を含むすべての自動車は、自賠責保険に加入することが義務つけられています。無保険運転は違法です。

何故加入が必要なのか

バイクの模型と電卓

原付を購入した場合、自動的に自賠責保険に加入をしなければいけません。車体についている保険なので、加入をしないというわけにはいきません。手放す場合には名義変更をして継続をさせる必要があります。任意保険に加入をする人もいますが、費用が高額になってしまうことになります。任意で加入をしていなくてもトラブルを起こした時に被害者に支払うお金がなければ、被害者も困ってしまいます。ですから車体本体に保険を付帯させて、支払が可能な状態にしておきます。

どれくらいの金額なのか

バイク

原付の自賠責保険料はどれくらいでしょうか。基本的には任意保険ほど高額ではありません。料率も定められているので、チェックをしておくとよいでしょう。契約期間によっても支払う保険料は異なってきます。もしも途中で解約をしたい、ということになっても手続きを行うことによって返金されるので安心をして加入をすることができます。また加入をする保険会社によっても多少の金額差はあるので、注意をしたほうがよいでしょう。保険会社の選択もできるだけ比較検討をした上で決めたほうがよいでしょう。販売店で購入をしたと同時に加入をすることが多いですが、複数の保険会社の保険を取り扱っている店舗を選択したほうが、加入先を選ぶこともできます。

広告募集中