保険加入で安心!ワーキングホリデー

通常の海外旅行とは違って、長期間相手国に滞在するワーホリ。海外での生活では予期せぬトラブルに見舞われる可能性は否定できません。万が一に備えて保険に加入しておくと安心です。

ワーキングホリデー中に保険に入っている場合と入っていない場合を比較して

医療費に支払いに差が出ます

日本に比べて海外(特に欧米諸国)は医療費が高いです。例えば、救急車は日本では無料で利用できますが、オーストラリアでは有料です。ワーホリ中に体調不良になって医療機関を受診した場合、保険加入と未加入では医療費の支払いに大きな差が出てきます。予期せぬ病気に備えて、保険に加入しておくと良いです。

事故発生時の補償に差が出ます

ある保険会社が公表している海外旅行保険事故データによれば、海外旅行保険契約者の中での事故発生率は3%強でした。つまり、約30人に1人は何かしらの事故に遭遇して、保険金が支払われたことになります。思っている以上に事故発生率は高く、しっかり補償してもらうために保険の加入がすすめられます。

アクシデント時に頼れる

説明する人

ワーホリで海外渡航をするのなら、さまざまな体験ができるとワクワクしている状況の方もいるでしょう。しかし、慣れない異国の地での生活は、アクシデントが起きやすいということを忘れてはいけません。言語も生活習慣も異なるのですから、それがもとで何かしらのトラブルに巻き込まれてしまうケースもあるでしょう。そのときに力になってくれるのが、ワーホリ保険という、アクシデントで受けた損害を補償してくれるありがたいサービスです。

病気や事故に対応

説明を受けるシニア夫婦

ワーホリ保険は、外国で病気をしたり事故に遭ってしまったりしたときに大活躍してくれるサービスです。これから外国に行こうとしているのなら、治療費が驚くほど高いという話を聞いたことがある方も多いでしょう。ワーホリ保険なら治療費を代わりに支払ってくれるため、怪我や病気をしたときも安心して医療機関を訪れられます。治療費の上限が無制限のものに加入しておけば、たとえ大手術を受けたとしても、お金の心配をしなくても大丈夫です。

必須な国もある

INSURANCE

お金をたくさん持っている方は、何かあったときの現地での支払いはすべて自費でもよいと考えるかもしれません。しかし、ワーホリで訪れられる国の中には、ワーホリ保険がなければ、入国できない国があることも知っておかなければいけません。お金の問題ではなく信用の問題となるので、もしも必須の国を訪れるのなら忘れずに契約するようにしましょう。ワーホリ保険を必須としている国は明確に決まっているため、斡旋業者に聞けばすぐに教えてもらえます。

損害を与えた場合も補償してくれる

男女

ワーホリをしていると何らかのアクシデントで被害者ではなく、加害者になってしまうケースもあります。ワーホリ保険に加入していれば、人に怪我をさせた場合や物を壊した場合もきちんと補償してくれるので安心して過ごせます。

広告募集中